顔脱毛

顔脱毛で生じるリスクのあるしみや黒ずみのトラブル

顔脱毛のリスクとして正しいケアができないと、思わぬ肌トラブルを生じさせることがあります。エステサロンでの光脱毛でも、クリニックでの医療レーザー脱毛でも同様です。エステとクリニックという違いはありますし、採用しているマシンの強さも異なり、永久脱毛が可能かどうかも大きな違いです。しかし脱毛という結果を出す仕組み的には似ているので、脱毛の照射をした肌はダメージを受けやすいことは変わりがありません。

 

エステの光の照射であっても、クリニックでの医療レーザーの照射でも、脱毛の施術をした肌はいつもよりもだいぶ弱くなります。そのまま弱い皮膚が続くわけではないですが、毛根へのアクションを起こした余韻が、周囲の肌にもまだ残っていることで、脱毛の照射をした直後は特に、皮膚のコンディションは弱い状態です。クリニックやエステでの脱毛をしたあと、何もケアをしないで太陽の下に出てしまうと、肌には紫外線の影響をそのまま受ける事になります。

 

人間の皮膚に色素沈着が生じるのは、紫外線など外部からの刺激を受けてのことであり、基底層ではたくさんのメラニンが生成されて、肌を守るために活躍をします。しかし過剰にメラニンができてしまうことや、皮膚を守るバリアも壊れると、守る力がないばかりか、皮膚の再生を促進させる力も弱くなってしまい、メラニンは順調に排出がされません。そのまま黒いメラニンが新陳代謝ができないで皮膚に残ると、皮膚にはしみや黒ずみなどが残りやすくなります。

 

せっかくの脱毛をするのですから、無駄に皮膚のトラブルを生じさせないためにも、脱毛をする時には紫外線対策を徹底して行うことです。脱毛予約をした日には、顔用のUVカットクリームを持参して、施術後にはパウダールームで、UVケアをしてから帰ります。最も日に焼けやすい時ですので、帽子やマスクを使うとか、日傘やサングラスを利用するのも良い方法です。そのまま海やプールにあそびにいくことは、脱毛直後は絶対に控えるべき行動になります。

 

当日の夜は肌を清潔にしたあと、火照りを感じるならば肌を冷やすようにします。顔の皮膚はとても乾燥をしますので、化粧水はいつも以上に肌に塗布するようにして、美容液やクリームも使用して、肌を良い状態にすることです。脱毛当日のみではなく、顔脱毛に通う期間はずっとUVカット対策を怠らないようにします。加えて顔のスキンケアを、十分にすることで、リスクを回避していくことです。