顔脱毛

サロンで光を照射して顔脱毛をするときには部位の範囲に気を付けよう

サロンで光を照射して顔脱毛をするときには、部位の範囲に気を付けて実施しなくてはいけません。一般的に、素人が脱毛をするときには体毛を抜いたりクリームなどを利用して除毛したりすることが普通です。しかし、専門店な店舗であるサロンに行くと、こうした方法を利用することはむしろまれで、光の力を利用した方法を実施することになります。ただ、この方法で脱毛処理をする際には、照射する部位に気を付けて施術を進めていかなくてはいけません。店舗で使われる光は、特定の波長に限定して光を照射する仕組みになっており、この光は体毛と同じ黒い物質に反応するという特徴があります。つまり、体毛だけではなく、顔脱毛をする際にほくろなどが存在すると、そのほくろに対しても光は反応してしまいます。顔に存在するこうした細かい部分に関しては、施術をする店舗側の人間がきちんと調べてくれます。ただ、自己申告をしなくてはならないほどの見えにくいほくろであったり、シミが存在すると、それによって肌が傷ついてしまう可能性も否定できません。実際に、顔のシミを取り除く際には、脱毛処理をする際のこうした原理を利用して処理されます。光を照射することで脱毛処理を実現できるのは、その光の大きな寝るエネルギーが存在するからです。熱エネルギーは黒い物質に反応してその力を最大限にし、邪魔なその黒い物質を焼いてくれます。これを、黒いほくろやシミに対して行ってしまうと、体毛に行ったときと同じように熱エネルギーを発生させることになりますので、患部が火傷してしまうのです。そのため、光を利用して顔脱毛をする際には、照射範囲を限定して特定の部位のみを施術しなくてはいけません。また、顔に対して施術をする際には、他の部位と比較してダメージが残りやすい可能性もあります。これは、顔の皮膚がほかの皮膚表面と比較して薄いからです。光脱毛は低出力で行うことが基本ですが、肌の庁舎が悪いときに行ってしまうと傷跡が残ってしまう可能性も否定できませんので、本当に気を付ける必要があります。脱毛サロンも、この事をきちんと理解していますので、特に顔脱毛などの皮膚への影響が強いと考えられる施術に関しては、肌の状態を良好にするための別の脱毛器も準備しています。例えば、光高周波を利用したアフターケアがその典型です。施術をするときに肌に優しい高周波を利用することで、施術後のダメージを気にせずに良好な状態を保つことができるようになります。